So-net無料ブログ作成
検索選択

2016/11/10 悪魔のメムメムちゃん 1巻 [ジャンプコミックスプラス]




作者 四谷啓太郎


なにこのクッソかわいい生き物!
(帯を更に強調してみた件)



この作品がデビュー作。
四谷啓太郎によるちょいエロギャグ漫画である
悪魔のメムメムちゃんです。


スポンサードリンク





WEB漫画サイトである、少年ジャンプ+というサイトがあります。
集英社が運営するWEBコミックサイトで、オリジナル作品はもちろんのこと
過去のジャンプ名作もアップされている、マンガ好きにはたまらないサイトです。


悪魔のメムメムちゃんは、ジャンプ+で連載されているオリジナル漫画ということになります。


ある日、窓を開けて寝ていた16歳の主人公・小日向日太(こひなたひょうた)は
夢の中で、エロい悪魔の姿を見ることになります。


サキュバスと言われる、夢魔とか淫魔と呼ばれる類の悪魔…。
そんな悪魔の姿が突然現れ、自分は魂をとられてしまうのか?
と、恐怖におののき、日太が目を覚ますとそこには…


ラジカセを持った、やけにちっこい見た目は幼女にしか見えない
全くエロくない悪魔がそこにいるのでした。
しかも、ラジカセから淫魔のエロい音声を流していただけ…。
他の悪魔に吹き込んでもらったらしいです…w


このショボイ悪魔こそ、タイトルにもなっている主人公のメムメム(ちゃん)です。


見た目は幼児体型で、2頭身(読み切りから連載に当たって、作者が描き慣れすぎたせいで縮んでますw)の
全く悪魔らしい怖さを持たないメムメムちゃん。
彼女は淫魔なので、人間の魂を誘惑して奪うことが仕事となっています。
しかし、彼女は悪魔の中でも極度の落ちこぼれで、しかも極度の恥ずかしがり屋。
魂を取るような大それた事が出来ません。なんで、淫魔に生まれてしまったのでしょうか…。


人間の魂をとるためには、淫魔の力で誘惑して、人間の欲望を表に出させる
必要があるのですが、メムメムちゃんはその欲望を出させた人間に怯えて
魂を結局取れずに、逃げ帰ってしまう始末…どっちが悪魔なんだかw


その容姿に違わず、常に気弱でオドオドして作中の9割近くは泣いているという
とんでもないポンコツ淫魔…それがメムメムちゃんなのでした。


しかし、あくまで悪魔が(ダジャレではないですw)メムメムちゃんの本質。
事あるごとに、日太の魂を奪おうとしてきます…が、実力行使に出られないので
魂をくれと泣き落とししてみたり、ちょっと日太がその情けなさに同情を抱いたりすると
その情に乗るかのように、魂をくれと言ってみたり、とにかくやることがショボくて、時に厚かましいのです。


最終的には、魂をもらう対象である、日太自身に情けなさすぎると
ツッコミを受けまくる始末。まぁ、とにかく、この悪魔は可愛すぎる!


気弱でオドオドしてるくせに、時に厚かましく魂をねだってみたり
強気な発言をしてみるものの、すぐにヘタれたり。
まぁ、コロコロと変わるメムメムちゃんの表情を見ているだけでついにやけてしまう漫画ですねw


また、全くの幼児体型で自分が胸が無いことに潜在的なコンプレックスがあるようで
巨乳という概念を異常に怖がります。嫌悪するのではなく、怖がるのです。
最終的には、巨乳に抱かれたりすると気絶してしまうほど。うーむ。この生き物はほんとなんなのだろうか…。


人間側のヒロインとして、日太が住むアパート大家さん(めちゃ巨乳)と
日太と同級生で、大家さんの娘である五木杏(いつきあんず。これもかなりの巨乳)といった
ヒロインも出ており、日太は足フェチだったり、普通に杏に惚れていたりする普通の
この年頃の、一般的な性癖を持つ野郎として描かれていて、メムメムには
本来は淫魔であるということを、全く意識していないところがまたいいですね。


メムメムの大ボケと、日太の小気味良いツッコミが読んでいて非常に読みやすい。
とにかく、メムメムちゃんが可愛すぎて、思わずいじめたくなってしまうような
そんな凄まじいポンコツヒロインが新たに誕生してしまった感じです。


実は結構腹黒いメムメムと、日太が織りなすドタバタギャグコメディ。
これは、今後も追っていきたい作品ですね!


なお、1巻は今月発売したばかりですが、現在品薄状況で手に入れにくいようです。
実は、管理人も少し探すのに手間取りました。初版はすぐ捌けるかもしれません。


先に貼ったジャンプ+のリンクから、最初の数話と最新話が読めますので
興味があったら、是非読んでみてください。いや、メムメムちゃんマジカワでやばいですw

個人的評価(5段階) ★5




スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。