So-net無料ブログ作成
検索選択
短篇集 ブログトップ

2016/08/13 藤子・F・不二雄大全集 SF・異色短編 1 [短篇集]



作者 藤子・F・不二雄


SF(すこしふしぎ)を地で行く、時にブラック、時にホラー、時に優しい珠玉の短編集。


今の若い人に取って、藤子・F・不二雄という漫画家はどういったイメージを持たれているのでしょうか?
30代半ばの管理人は、ドラえもんに始まり、オバケのQ太郎、パーマン、エスパー魔美、キテレツ大百科…
などが、個人的に印象に残っている作品であります。


ドラえもんは、大人にも子供にも今でも人気があり
まさに世代を超えて愛されるキャラクターになっています。
まさに日本を代表する漫画キャラクターの一つですね。


しかし、ドラえもんが果たして藤子・F・不二雄の渾身の一作であるかどうか。
結果として、今では老若男女に愛されているキャラですが、ドラえもんの本質は
ブラックユーモアを散りばめたシュールギャグ漫画と私は解釈しています。


そういった意味で、今のドラえもんの人気というのは、もしかしたら
作者の藤子・F・不二雄が意図したものとは別のベクトルに進化を遂げたのかもしれません。
藤子・F・不二雄の真骨頂は、この短編集に収録されているような作品だと思うのです。


続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

2013/09/15 岡本倫短編集 Flip Flap[フリップ フラップ] [短篇集]





漫画 岡本倫

代表作エルフェンリートで一世を風靡し、その名を有名にした岡本倫の初の
短篇集(なお、短編集なのは仕様)が、このFlip Flapです。
帯には、HUNTER×HUNTERの冨樫義博の推薦があります。冨樫仕事しろ←


続きを読む


タグ:岡本倫
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック
短篇集 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。