So-net無料ブログ作成
検索選択
少年マガジンコミックス ブログトップ

2016/08/15 泣くようぐいす 7巻 [少年マガジンコミックス]



作者 木多康昭


問題漫画家・木多康昭。マガジンに新境地を開拓しようとするもあえなく撃沈。


殿堂入り漫画で紹介したことのある、幕張の作者・木多康昭。


あまりにも過激なネタの数々から、それなりの人気があった(はず)
幕張が、事実上の打ち切りという形でジャンプを去った後
彼は、新天地を講談社のマガジンに求めたのでした。しかし…


続きを読む


2016/08/14 青春少年マガジン1978~1983 [少年マガジンコミックス]



作者 小林まこと


全ての漫画読みはもちろん、殺伐とした現代社会を生きる大人全てに読んで欲しい一冊!


2009年は、1959年3月17日に創刊号が発売された
週刊少年マガジンの50周年に当たる記念の年でした。


そこで、マガジンの誌上では50周年を記念して、様々な大御所漫画家による
記念作品が寄稿され、何週かに渡って豪華な読み切りが掲載されました。


大御所漫画家が、1週読み切りの寄稿を行う中で
この作品は、13週連続掲載という短期集中連載という体が取られました。


新潟出身の漫画家・小林まことによる自伝的作品。(余談ですが小林幸子と親戚関係にあるらしい)
彼が漫画家としての全盛期に、少年マガジンで連載を持ち
長いマガジン史の一片のピースとなった記録がここにはあります。


続きを読む


2013/10/02 生徒会役員共 8巻 [少年マガジンコミックス]








作中、何回目かの夏の話が今巻は多め。
水着扉絵とかも、結構ありますね。
七条家所有の無人島に行ったりもしますが
無人島を所有する意味はあるのだろうか…と、この漫画に限らずいつも思ふ。


続きを読む


2013/09/30 生徒会役員共 6巻 [少年マガジンコミックス]





漫画 氏家ト全

魚見さん、ほぼレギュラーキャラ化。

作者がお気に入りなのか、生徒会役員共ではない魚見さんが
準レギュラー化しつつある件。


続きを読む


2013/09/29 生徒会役員共 5巻 [少年マガジンコミックス]





漫画 氏家ト全

シノとためはる変態生徒会長が登場

舞台は桜才学園を離れて
生徒会の他校との交流、その名も学園交流会ということで、英稜高校という学校が新たに登場と。
ただし、生徒会での交流のみなのでほとんど英稜の生徒は登場しません。
その代わり、シノに負けず劣らずの強烈キャラである、魚見さんという生徒会長が登場します。


続きを読む


2013/09/28 生徒会役員共 4巻 [少年マガジンコミックス]





漫画 氏家ト全

無限ループ入った?

作中で、2回めの冬休みが来ているようなのですが
その後は、進級とか卒業の話が来ていないので、無限ループに入った模様。
時系列がバラバラなら違いますが、どう見ても…。


続きを読む


2013/09/27 生徒会役員共 3巻 [少年マガジンコミックス]





漫画 氏家ト全

進級しても変わらない生徒会役員共!

4コマ漫画なので、進行は遅めの本作ですが、3巻に入った時点で既に進級しています。
かなりのハイペースですねぇ…。


続きを読む


2013/09/26 生徒会役員共 2巻 [少年マガジンコミックス]





漫画 氏家ト全

ますます暴走する、思春期役員共の下ネタ(ほぼ女)

前巻に引き続いて、今巻でも生徒会役員共の下ネタ暴走は止まりません。
そこに、変態顧問の横島や新聞部の畑ランコが、助長するかのネタをバンバン投下するので
もはや収集がつかない状態にw


続きを読む


2013/09/25 生徒会役員共 1巻 [少年マガジンコミックス]





漫画 氏家ト全

一癖も二癖もある生徒会役員共

舞台は桜才学園という高校。
元々女子校だった桜才学園だが、共学化することとなり
女子524人、男子28人という学校になったという設定。
その共学化一年目に、男子新入生として入学した(家から近いので)津田タカトシ
ひょんなことから、桜才学園の女子だけで構成される生徒会に半ば強制的に入れられるのであった…。


続きを読む


少年マガジンコミックス ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。