So-net無料ブログ作成
アクションコミックス ブログトップ

2016/07/27 陽の当たらない小出くん 2巻 [アクションコミックス]



作者 石川ローズ


相も変わらずゆるゆるな小出くんの吸血鬼ライフ。


久々に、前回の記事から続く形で
石川ローズの陽の当たらない小出くん2巻のレビューとなります。


続きを読む


2016/07/23 陽の当たらない小出くん 1巻 [アクションコミックス]



作者 石川ローズ

卑屈で捻くれた16歳の男子高校生が迎える134回めの高校1年生活


主人公の小出満作は、16歳という若さにして、吸血鬼となってしまい
その後一切の成長が止まってしまった男子高校生。


吸血鬼になってしまったがために、成長が止まったのと同時に
不老不死の身体を得てしまった満作。


今年は、16歳になってから134回めとなる高校一年生生活。
今回もいつもと同じ高校一年生生活を迎えると思っていた満作も
今年のクラスメイトはいつもと少し違って…。


続きを読む


2013/10/29 王様ゲーム 5巻 [アクションコミックス]








表紙が怖い最終巻←

表紙がかなりホラーな最終巻です。
伸明の死をメールで受け取る直也。
今まで信頼してきた友の死に、本当のことであると信じられない直也。
取り乱している間にも、王様ゲームの次の命令が来ます。
今回の命令は、サイコロを振り、その出た目の数だけのクラスメイトと
そのサイコロを振った人間に罰が当たるというもの。
現在、生き残っている人間はたったの9人。
つまり、サイコロを振って6が出ると2人しか生き残れないという状況。
しかし、このサイコロを振らなければ全員が問答無用で死んでしまうという極限の内容。

その指令が下された日、生き残ったクラスメイトが全員集まり
誰がサイコロを振り、誰を指名するかで再び諍いが起こります。
そりゃそうだわなぁ←
この中で、阿部利幸という男子が、自分だけは生き残ると醜態をさらします。
さすがに生き残りがかかってくると、人間の本性が出てくるわけですね。いい感じでゲスいやつですw

結局、誰がサイコロを振り、誰が指名されるかもわからない状況で
夜鳴村から帰ってきた岩村と、そこに伸明も一緒に現れます。
どうやら、伸明には罰が下らず、また送られたメールも岩村が巧妙に偽装したものだということ。
伸明は、0時を超えて泣いたため、なんとか罰を受けるのを逃れられたということ。
これまたお約束なので、あまり意外と言う感じはなかったですね。
さらっと感想かいてますが、おそらく致命的な話ではあるw

しかし、二人が現れたところでサイコロを誰が振るかという問題は解決していません。
誰が振るかでモメる中、俺だけは絶対に振らないし指名もされないと
利幸が、智恵美を人質に取り、自分だけは助かろうとします。
ここまでゲスいと却って清清しいですね。こういう作品はこれぐらいはっちゃけたキャラがいないとだめです。
そこで、サイコロは自分が振ると名乗り出たのは直也。
智恵美を利幸の好きにさせるわけには行かないと、自己犠牲の精神を発揮してくれやがりました。すばらしい。
覚悟を決めてサイコロを振ると、あろうことか出た目はなんと6。
王様が仕組んだのか、直也の運の悪さなのかはわかりませんが、この局面でこの引きは惚れ惚れします。

利幸も含め、結局6人の指名されたクラスメイトが伸明たちの前でなす術もなく死んでいきます。
そして、最後は直也自身も・・・。泣きながら死んでいく友の最期を伸明も泣きながら看取るのでした。

最後に残ったのは、伸明と岩村と智恵美。
次の命令が来るまで、まだ少し時間がある。
ここで、岩村はその命令が来るまでの間に王様を倒すことを決意します。
今まで手に入れてきた情報と、自身のゲーム能力を使って王様を倒すことにします。

さて、ここで岩村の口から語られるこの王様のゲームの真相は・・・

(;゚д゚)ポカーン・・・

となったことだけお伝えしましょう←
フィクションの世界とはいえ、強引さが酷いwwwうはwwwさすがケータイ小説www

岩村も結局は、王様ゲームの犠牲となり
生き残った伸明と智恵美は、王様から最後に愛する人を殺せという命令を受けます。
それが出来なければ、首を切られて死ぬと。

しかし、お互い大切な最愛の人であり殺せるわけがない。
結局二人は、命令に背き一緒に死ぬことを覚悟します。
しかし日付が変わっても、二人は死にませんでした。
岩村が最後に倒した王様からの命令は実行されません。
生き残ったことを喜ぶ二人・・・と思いきや、利幸に人質にされたときにナイフで太ももを刺された智恵美は
その出血が致命傷となり、そのまま息を引き取るのでした。
結局、王様の命令どおりに愛する人を失った伸明は一人、この悪魔のゲームから生き残るのでした。

物語はここで終了。
なんという、不完全燃焼感。
これは物好きにしかお勧めできない作品ですな。
やはり、基本的にケータイ小説は地雷のようです。

個人的評価(5段階) ★2

1巻の感想はこちらから。
2巻の感想はこちらから。
3巻の感想はこちらから。
4巻の感想はこちらから。


王様ゲーム(5) (アクションコミックス)

王様ゲーム(5) (アクションコミックス)

  • 作者: 金沢 伸明
  • 出版社/メーカー: 双葉社
  • 発売日: 2012/06/22
  • メディア: コミック




漫画・コミック ブログランキングへ

2013/10/28 王様ゲーム 4巻 [アクションコミックス]





原作 金沢伸明 漫画 連打一人

いざ夜鳴村へ

陽介から情報があった、過去王様ゲームが行われたとされる夜鳴村。
その情報を興奮気味に伝える陽介にも、王様ゲームの死の罰が。
泣いてはいけないという命令を破ってしまった陽介もまた、新たな王様ゲームの犠牲者に。
これで、32人のクラスメイトの中で、19人が死に、生き残りはあと13人となります。

陽介からの知らせを受け、同時に彼の死を知った伸明が放心していると
そこに智恵美が。またクラスの女子が何人か集まり、そこには岩村の姿も。
彼女たちの携帯を盗み、中身を閲覧した岩村は伸明と二人で大事な話があるといいます。
聞けば、彼女は王様候補を三人に絞ったとのこと。そして、その候補の中に智恵美も入っているということを・・・。そして彼女が一番可能性が高いということも。
もちろん、自分の彼女なだけに智恵美を信じている伸明ゆえ、きっぱりと智恵美は違うと岩村に言い放つ伸明。
彼女とは相容れないと感じつつ、岩村から携帯を預かり彼女たちに返しにいくと
今度は、自分が彼女たちから疑われているということに。
お約束な展開ではありますが、二人が犯人ではないことは読者が一番わかりますね。

後半からは、陽介から情報があった夜鳴村に何か手がかりがあるはずと
単身伸明は、夜鳴村に向かうことを決意します。
現在は廃村となっている夜鳴村ですが、これがまた心霊スポットそのままといったたたずまいで
廃村となってそのまま残っているわけですね。
なんとか手がかりがないかと、陽介が手がかりがあるとすれば・・・ということで
村役場の郵便局を、調査することにします。
しかし、そこでは既に何者かが事件の調査をした後が・・・。事件があったのは1978年なのに
事件について1995年に作成された資料があります。
不審に思い、詳しく調べようとしたところで後ろから殴り倒され気絶させられる伸明。

目を覚ますと、後手に縄で縛られ身動きが取れない伸明。
自分をこんな目に遭わせたのは村の関係者かと思いきや、実は同じクラスメイトの香織でありました。
どうやら香織は、陽介を殺したのが王様である伸明と思っていたらしく、このような凶行に及んだとのこと。
しかし、伸明の説得と陽介の最後を聞かされ、改心する香織。しかし、涙を流してしまったため王様の命により死んでしまう香織。
そこに、岩村も現れ、陽介が調べた文字を教えるように強要する岩村。
香織の死に泣いてしまった伸明も罰を受け、岩村に王様を討つように懇願しつつそのまま息を引き取るのでした。
決意の岩村を最後に、次巻へ。展開が急すぎてなかなかついていけませんね。

個人的評価(5段階) ★2

1巻の感想はこちらから。
2巻の感想はこちらから。
3巻の感想はこちらから。


王様ゲーム(4) (アクションコミックス)

王様ゲーム(4) (アクションコミックス)

  • 作者: 金沢 伸明
  • 出版社/メーカー: 双葉社
  • 発売日: 2011/11/28
  • メディア: コミック




漫画・コミック ブログランキングへ

2013/10/27 王様ゲーム 3巻 [アクションコミックス]





原作 金沢伸明 漫画 連打一人

いったい王様は何者なのか?

奈美の捨て身の行動をあざ笑うかのように、王様はクラス内には居なかった・・・(?)
命令に服従することが出来なかったことにより、死の影に怯える奈美。
奈美を一人探しにいく伸明。結果、伸明は彼女を見つけることに成功します。

死から逃れることは出来ないであろうと思われる奈美ですが、伸明が来てくれたことで
幾分救われたかのようではあります。そうこうしているうちに、日付が変わる時間を迎えるも、奈美は死亡せずに済みます。
しかし、罰は当然与えられ、奈美は永遠の闇に閉ざされる=目が見えなくなってしまうのでした。
初めて、死以外のパターンがきましたな。
そして、それと同時に今度は伸明に向けて大切なモノを失えという命令が下されるのでした。
一難去って、また一難というやつですな。

遅くまで起きていたため、うっかり眠ってしまった伸明。
目を覚ますと、奈美はどこかに行ってしまっています。
目が見えないのにと、あわてて奈美を探す伸明。
しかし、見つからない。直也に協力を依頼して探すもやはり見つからない。
電話をかけまくり、ようやく繋がったその時には
奈美は既に覚悟を決めています。つまり、伸明にとって大事なモノとは奈美の命そのものであると。
友人の明美から命令メールとそれが実行されてないことを知った奈美は、自分が犠牲になることを選んだのです。伸明が好きな余りに。
死亡フラグをへし折ったと思ったら、新たな死亡フラグが立ちました。これは一番性質が悪い。
結局、奈美も自殺。このゲームからは誰も逃れられないのですね。

王様にいつまでも弄ばれてはいられないと
伸明たちは、死んだクラスメイトの携帯などを調べて、王様に迫ろうとします。
その結果、王様ゲームで殺されたクラスメイトの携帯には
未送信のメールが一件だけ残っており、それぞれで一文字だけの打ちかけのメールだけが残っていることも判明します。
おそらく、その文字を繋ぎ合わせると何かの文字が浮かび上がると読んだ伸明たちは解明に東奔西走します。
しかし、そこには岩村の影が・・・。どうやら岩村もクラスメイトの携帯を調べているようです。
しかも、岩村が先に調べたクラスメイトの携帯は、ご丁寧にもメールを消去した後があります。
いったい、岩村は何者なのか。

実は、彼女はカミハテと呼ばれるネット界で有名なゲームの達人であり
この王様ゲームも、彼女からすれば、その首謀者とのゲームであり、彼女は彼女で独自に調べているとのこと。
そして、目的を果たすためならば、仲間の犠牲もいとわず、また全員助けたいと考えている伸明を甘いと彼女は一喝します。
王様ゲームの謎解明がまた遠のいてしまいました。

しかし、独自に王様ゲームの謎を調べていたのは岩崎だけではなく
クラス一の秀才、陽介もまた、王様ゲームの謎に迫っていました。
その結果、昔王様ゲームが今は地図にすら載っていない村・夜鳴村にて過去行われていたことが判明します。
その事実を知らせるところで、次巻へ。
ダブル死亡フラグの壁は厚かった…。

個人的評価(5段階) ★2

1巻の感想はこちらから。
2巻の感想はこちらから。


王様ゲーム(3) (アクションコミックス)

王様ゲーム(3) (アクションコミックス)

  • 作者: 画・連打一人:作・金沢伸明
  • 出版社/メーカー: 双葉社
  • 発売日: 2011/07/28
  • メディア: コミック




漫画・コミック ブログランキングへ

2013/10/26 王様ゲーム 2巻 [アクションコミックス]





原作 金沢伸明 漫画 連打一人

とどまることを知らない殺戮ゲーム。悪夢は続く。

1巻の感想に書き忘れていましたが、王様ゲームには次のルールがあるそうです。

1. クラス全員強制参加 2. 王様から届いたメールの命令に24時間以内に絶対に従う 3. 従わなかった場合は罰がある 4. 王様ゲームを途中で棄権することは絶対に不可

罰があるとか言ってますけど、問答無用で死ですから!

前巻の終わりからの展開ですが、どうしても出来ないと渋る直也を伸明殴って気絶させる→気を失っている間にヤッてしまう。智恵美の方から。
これは、ある種の特殊性癖の人向けでは…←
あまりの超展開にポカーンとなることは間違いなし!別の意味でお勧めだわ←
(注:管理人としては、全力でお勧めはしませんw)
まぁ、極限状態に置かれたら人間どうなるかはわかりませんが、このような展開はありえないのでこのように突っ込みさせていただきますw

もちろん、2巻でも殺人ゲームの王様ゲームは健在です。
あの手この手で、やけに凝った殺し方をしてきます。
というか、服従の結果が死とか酷すぎやしませんか?
もうちょっと、実現できるか出来ないかぐらいのギリギリの指令を下して
生き残ったとしても、酷い後遺症が残るとか、そんなぐらいの命令でないと
ただ、人が死んでいくだけの命令というのも…。
大量虐殺モノにしても、陰惨な心が暗くなるような作品にしても
どっちつかずで、非常に中途半端ですね。
結局、命を賭けたゲームにクラスメイトがただただいがみ合うだけの展開になって
どうにも、エンターテイメントとしては、弱いように感じます。

まぁ、見所がないわけではなくて、この巻では
捨て身で王様の正体を解き明かしてやろうとか考えている女子が現れたり(クラスメイトに王様がいると考え、自分自身に命令を下せという命令の時に、王様に触ることと命令した。クラス内にいれば犯人がわかる)
あとは、思わせぶりなミステリアスな女子のクラスメイト・岩村莉愛が登場したりします。
自分に捨て身の命令を下した、平野奈美(これがまた、ヒ○ルの碁の奈○に似てるんだw)が
生き残ったクラスメイト全員に触るも、服従確認のメールは来ず…。
捨て身の作戦が失敗してしまった奈美が教室を出て行き、それを伸明が追うところで次巻へ。
ここまで読んだら最後まで見るとしますかね。

個人的評価(5段階) ★2

1巻の感想はこちらから。


王様ゲーム(2) (アクションコミックス)

王様ゲーム(2) (アクションコミックス)

  • 作者: 画・連打 一人:作・金沢 伸明
  • 出版社/メーカー: 双葉社
  • 発売日: 2011/03/23
  • メディア: コミック




漫画・コミック ブログランキングへ

2013/10/25 王様ゲーム 1巻 [アクションコミックス]





原作 金沢伸明 作画 連打一人

王様から下される謎の死のゲーム

いわゆる、ケータイ小説的な?作品のコミカライズですかね?
主人公・金沢伸明(原作者と同じ名前だしw)と、その彼女・本多智恵美の通う高校のクラスメイトに
ある日、それぞれが所持する携帯宛に王様ゲームと称された、謎のメールが突然届くようになります。

命令の内容は、出席番号○番と○番がキスをするといった内容が最初に届きます。
日付が変わった直後に、そのメールを受け取った伸明は誰かのイタズラメールだと思います。
しかし、翌日になるとクラス中でそのメールが届いていたことが判明し
クラスは大盛り上がりです。高校生ぐらいのときはこういうので茶化しあうのが一番楽しいときかもしれません。

しかし、命令の内容としては別にその二人は付き合っている訳でもなんでもなく
最初は珍しさからのノリで二人ともキスをしたりします。
するとメールには服従確認の文字が・・・。

一回だけなら、誰かのイタズラで終わりですが、その後も伸明のクラス全員に王様メールが
毎日届くようになります。内容としても、最初は足を舐めるとか、まだまとも(?)な内容であったものの
○○の彼女と○○(彼女いない男子)がセ○クスをしろだのといった命令が来るようになります。
そして、この命令に服従をしなかった者の末路はというと・・・例外の無い死ということになります。このあたりはケータイ小説のテンプレみたいになってるような気も・・・w

それから先は、まぁ人が死にまくること。
命令に服従できなかったクラスメイトが次々と不審死を遂げ、自殺したりする中
生き残った生徒は、この王様ゲームから逃れる術を探すことになります。
疑心暗鬼と憎しみ、嫉妬など、人間の持つ負の感情があらわになるところです。
死に方も場合によっては相当エグいのがありますが、絵が小畑健ライクでソフトなので
そこまでエグい感じはありませんね。

1巻は、伸明の親友である橋本直也宛に、10分以内に性交をしろという指令が。
出来なければ、直也は焼身自殺をしてしまうという命令。
クラスメイトの被害を防ぐため、対策の手立てを探していた伸明と智恵美と一緒にいた直也は
智恵美との性行為をするということに、伸明は決断を下さなければならないのでした・・・。
これはなかなかの超展開ですね。

個人的感想(5段階) ★2


王様ゲーム(1) (アクションコミックス)

王様ゲーム(1) (アクションコミックス)

  • 作者: 連打 一人
  • 出版社/メーカー: 双葉社
  • 発売日: 2011/01/28
  • メディア: コミック




漫画・コミック ブログランキングへ
アクションコミックス ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。